安心して暮らせる環境づくり

賃貸住宅は建築されてから数年以上経っていることが普通です。
どんなに優れた建物でも時間とともに劣化していくことは避けられません。
そんな賃貸住宅だからこそ起こりやすい問題といえば水漏れや雨漏りです。
被害自体は大きくないからといって、
こうした状況をそのままにしている人も多く見受けられます。
しかし、自分のところが水漏れしているということは
建物全体が軋んできている証拠となるため、早めに管理会社へと連絡しましょう。
天井からの水漏れがあったら、
直接上の階の住人へクレームをつけるのではなく、必ず管理会社を通してください。
住人であっても、その部屋が雨漏りの現認であることに気づかないケースがあるからです。
原因の究明は大家や管理会社の人間の立ち合いで行います。
場合によっては火災保険が適用されるので、大家さんと確認を取りましょう。

 

自分の部屋が火災に巻き込まれたときも、管理会社への連絡を怠らないでください。
もちろん、消防への通報も必須です。
大家さんや管理会社には、入居者の快適な生活を保障する義務があるため、
代わりの部屋を準備してくれることでしょう。
火災保険の手続きに関しても、
大家さんや管理会社が主導してくれるので安心してください。
これまで説明したように、
賃貸生活は様々な人間関係が混在しています。
言い換えれば、自分を助けてくれる人たちが周囲にたくさんいるのです。
こうした人間関係を円滑に進めるためにも、家賃をきちんと支払う、
普段から挨拶をしておくといった細かな心配りを忘れずに行いましょう。