賃貸という特殊な環境

新たな土地で暮らしを始めたい。
こう決意した方の多くは、まず住むための住居を探すことでしょう。
よくわからない土地で暮らす際に、
いきなり住居を購入するという決断はなかなか下しにくいものです。
そんなときに皆さんを助けてくれるのが、賃貸という選択になります。
この観点から言うと東京でスペースを貸切ことも時間の長さは違えど同じものです。
賃貸とは、他人が所有している物件に住むというある種特別な環境です。
大家さんから直接借りることもありますし、不動産業者を仲介するという賃貸契約を結ぶ方もいることでしょう。
自分の持ち家でないところに暮らすのは、それだけ複雑な人間関係を生むことになります。
人間関係の複雑化はトラブルの発生源です。
これを予防するために、様々な取り決めや法律が設定されています。
こうした知識を知らないばっかりに余計なお金を支払わなくてはいけないなんて、もったいないですよね。
賃貸トラブルは自分だけでなく大家さんや不動産業者をも不快にさせてしまいます。
場合によっては退去を命じられることも少なくありません。
せっかく部屋を借りたのに、退去を命じられてしまっては新生活にも支障をきたしてしまいます。
賃貸トラブルに関する知識は、皆さんの人生を守るための大切な手段といえるのです。

賃貸特有の文言といえば、敷金や保証金です。
こうした言葉の意味を知っておくことで、借りている部屋を大切に使おうという意識が芽生えることでしょう。
賃貸トラブルを解決する手段にも様々なものが存在するのです。
そこで今回は賃貸トラブルの予防方法と解決手段についてご紹介します。

安心して部屋を貸し出すために

部屋を借りる際に払う敷金や保証金。
なぜこんなものを払わなくてはいけないのだろうと思ったことはありませんか?
保証金と敷金はどちらも同じような性質を持っています。
個人向け住宅には敷金を、
仕事で使う事務所には保証金という風に表記が使い分けられている傾向にあります。
その性質とは、借り手が部屋を大切に使わなかったときの修繕費になることです。
自らの不注意で壁に穴をあけたといったケースでは借り手に責任があるため、
自己負担で修繕しなければいけません。
ただし、生活に支障をきたさない程度の瑕疵、
例えば絨毯の汚れなどは借り手が放っておいてしまうことがしばしばです。
部屋を退室する際には、もとの部屋と比べて生活環境がどう変わったかを大家さんがチェックします。
その際に借り手の不注意で汚れてしまったところなどを修繕するのに使われるのが敷金なのです。
一方で、生活をしていくうちに自然についてしまった汚れの修繕は大家さんが負担することになっています。
どこまでが敷金で、どこからが大家の負担になるのか。
この点を借り手と貸し手が理解していないことが多いため、敷金はトラブルが発生しやすいのです。
借り手からしたら不当に思惟基金を引かれているというケースも頻発しています。

大家さんの方は瑕疵に対する正当な請求という認識を持っているため、
敷金トラブルは平行線をたどることが多いのです。
大切なのは、入居時の話し合いになります。
どういったケースでは敷金が引かれるのかを、事前に確認しておきましょう。
出来れば書面に残しておくことをオススメします。
また、自分が借りる段階での部屋の御様子を写真に撮っておくと、
退室する際の点検で食い違いが生まれにくくなるのです。
もちろん、普段から部屋を大切に扱い、汚れや傷をつけないように努めることも大切です。